一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

明けましておめでとうございます。昨年たくさんの方が
閲覧してくださり本当に嬉しいです。今年もまた面白い記事を
書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

最近びっくりしたのは、広背筋ってところがあるんですが
そこが使えるようになってきたら今までは関東平野みたいな
胸周りにうっすら谷間ができてきたことです
。山とは
言えなくても丘が見えたのにはテンションが上がりました。

それについてはまた別の機会にお話します。
さて2016年1回目は前回の肩甲骨に続いて「胸椎」について
でございます。

胸椎は緑色の肋骨とつながった
骨で、12個あります。

また肋骨の中心に「胸骨」があり、
胸骨の一番上から第一肋骨の
近く鎖骨があります。





背面から見ると鎖骨にぶら下がった肩甲骨
があります。
このように胸椎周りにはいろいろな骨が
くっついていて、それぞれの
状態の影響を受けやすいので、動かし
にくい(意識しにくい)のです。
胸椎はバレエ、新体操、体操などつま先
で立ったりジャンプを多用するパフォーマンス
では「腰」の扱いになる(逆に胸椎から下が全て
「脚」になる)ので非常に重要です。


胸椎氏はこんな感じのイメージ(※きわめて個人的な見解です)
パソコンみながら電話
しながら書類書きながら
仕事しちゃう、バブル時代
のトレンディドラマに
出てきそうな、マルチ
タスクイケメン。

忙しいんで、なかなか振り向いて
くれないんですよ〜。

…と、2016年もこの調子でいきます。続きをぽっちり。
 
続きを読む >>