一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

こんにちは。師走のこの季節皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私はいかがかというと

 

インフルエンザA型になりました。

 

何十年ぶりでしょうか。。。

 

昨日罹って、今はもうこうしてブログ書いたり

してます。はやく動きたい〜とうずうずしてますが、

いかんせん隔離患者なので、自分の部屋でイメトレ

してます(笑)

 

なんで今回回復が早かったというお話です。

こんな神った(←流行に乗ってみる)連携プレイあるんだな

と思いました。

 

始まりは12/19の11時頃。振付練習中に急に寒気とイヤ〜な

感じの筋肉の痛みを感じて、練習終了12時半には

「これは完全に熱がある」と分かるくらいに。

 

急いで帰宅し熱を測るとやはり39度近くまで上がってる。

でもただ熱が出るのと違う…

喉も大して痛くないし、寒気と体の痛みがものすごい。

 

近くに新しく病院が出来たのを思い出して、娘たちが帰った

16時ごろ入れ違いに出発。

 

幸い空いていたのですぐ診察スタート。

 

先生(以下 先):「確かに喉腫れてないですね〜。これはインフルかも

しれないですね〜。検査しましょうか」

コハラ(以下 コ):「お願いします」

先:「ところで熱出始めたの何時頃?」

コ:「11時くらいかと思います」

先:「5時間か…正しく結果でるかな」

看護師(以下 看):「先生○○なら出ると思いますが」

先:「おお!あの高級なのか!あれを使うか!」

コ:「(高級なんだ…)高級だと検査費も高くなるんでしょうか」

先:「大丈夫です。その差額はこちらが持ちます。早く分かり

早く良くなる、これが医療です!(キリっ)」

 

(看護師さんと私 冗談が本気か分からない先生の言い方にぷぷっとなる)

 

看:「先生、これを鼻の粘膜に入れる際、ちょっとでも血が付いたらだめ

なんです」

先:「えっ!そうか…高級なこれが血が付くだけでだめになるのか…」

コ:「(高級なこれって…心の声が丸聞こえだ…)」

先:「(看護師さんに向かって)君これやってよ」

看&コ:「ええええ いやいやいや」

先:「(覚悟を決めたようで)よし僕がやろう(そりゃそうだろ)」

コ:「血が出ないようにじっとしてます!」

 

…成功

 

一同「おおおおおお」(何故か一体感が生まれる)

 

程なくして結果発表。(先生ちょっと嬉しそうに)

「A型陽性です。いや〜さすが高級検査薬^^、でこれに

特効薬イナビルを出します。これで完璧ですよ」

確かにここまで完璧。まるでインフル患者がピットインしたよう。

 

病院を出てふらふらと近くの処方箋薬局へ。

するとここの薬剤師さんがまた良い人で

 

「あなた今他の人誰もいないから、ここでイナビル吸引しちゃいなさい」

と 薬剤師さん指導の下イナビル無事吸引。

イナビルとは喉や気管支で増殖するインフル菌を薬を吸入して直接抑える薬らしい。

しかも二箱吸入しておしまいというすぐれもの。何十年も罹ってなかった私は

医療の進歩にびっくり仰天。

 

ここでもインフル患者ピットイン。

 

そして一夜明け今…

 

めっちゃ体楽!!

 

毒が出たのかなんなのか、罹る前より体が軽い。

面白い先生、面白い先生をものすごくきっちりフォローしてる

看護師さん、お母さんみたいな薬剤師さん、素早い対応ありがとう

ございました^^

 

ふらふらの中にあざやかさと笑いがあったのも回復が早まった

一因だと思います。お家のクリスマス会は元気に出来そうだわ!

子供たちとケーキを作る約束をしてるからね^^

 

 

 

  • -
  • 09:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment