一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

こんばんわ。コハラです。

今日は朝からずっと動きっぱなしな一日

でして、夕飯を食べてひと段落して、急に

リラックスしたのか気付いたらリビングで寝て

ました。はっ@@;部屋でちゃんと寝なきゃと

移動するも、今度は変な時間にぐっすり寝ちゃった

もんで眠れない。じゃあ書き物しようと思って

今に至るのです。

 

最近どうしても伸膝倒立マスターしたいと奮闘して

ます。やっぱりコントロールして倒立できると何かと

有利なんですよね。。。まず普通に立った時のバランスが

よくなる。

 

とは言え現実的に伸膝まだ無理なので

とりあえず三点倒立練習。良い子のみんなは

まねする時は自己責任でね。

 

 

さて今日は骨盤動かすってどんな意味があるのよって

お話しです。

 

 

 


 

 

 

骨盤をどうして動かすと良いかという点に

関しては私はこう感じております。

1)太ももの骨を動かさず骨盤を動かすことで

股関節をほぐせる

2)お腹の表面を固める腹筋の使い方じゃない

使い方ができる

上の写真みたいに仰向けに寝て、脚をにぎりこぶし

一個分くらい離しておきます。そこから足裏や

膝をぐらつかせないように骨盤を時計のように

動かします。前回呼吸の話で紹介したボールを

仙骨の下に置いてやってみても良いと思います。

ボールが転がってくれると動きを助けてくれるので。

 

 

三点倒立の話と絡めると、赤矢印の

ように腰を持ち上げるのが12時の方向に

動かす感覚と大体同じです。正しく

動かせると腰を高くすることにつながります。

勢いをつけない倒立は腕だけで

がんばっても脚だけでがんばっても

できません。腰を伸ばしながら腹筋をロックせず

やわらかく限界までえぐって使うという感覚。

そしてその力と同等の背筋をONして壁にどーん

とよりかからないようにがんばります、大変だけど^^;

 

骨盤を時計のようにうごかしましょーっていうのは地味〜

な感じで結局何なんだ???ってなりやすいんですよね〜。

(私も最初そうだった)でも分かってきて突き詰めると

確実にいろんな動きのベースになってます。

 

アクロの先生に壁倒立に普通に入って骨盤からコントロール

してロールダウンする(「ドラゴンフライ??」とか言ってた??)

のを教わったので、今度はそっちをチャレンジだ。もうオバチャン

だけど生きてるうちに絶対に伸膝倒立マスターしたいので

あります。

 

  • -
  • 01:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment