一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

こんにちは、油断してブログが放置気味
になってたじゅんこ先生です。

時間が経つのはあっという間ですね~^3^♪
…今空口笛吹いて誤魔化しました。すみません。

おかげ様で毎日元気に動いたり教えさせて頂いたりしてます♪
もう少し小出しにするようにっ ってよく叱られます。
↑言われてるならやりましょう。

で、今日は中殿筋のことを。

昨日神楽坂のAXIS-Laboさんで頭…じゃなくて、お尻
冷やしてきました。脂肪冷却です^^b

わたくしどうも、「後ろの感覚を繋ぐ」のが苦手なのですね。
ブリッジもできるし、腰も反れるし、ぱっとみ柔らかい。
が、何かがつながらない。


これ先日バク転の練習してきた時の動画なんだけど、多分これだと
なかな補助なしで回れないなぁと自分の動き見て思うのです。

動画を分割したので分析すると…右の写真に注目

飛び出した瞬間脚が開いちゃってます
つまり、脚が後ろ側でまとまってない状態。

体が後ろ側でまとまってないと、脇を送るのが遅れるので、
手を早く返せず近い位置で着地できないということにもなります。

体がばらついちゃう原因はおそらくまだ中殿筋が使えてないから。
お尻の中側の筋肉です。

長いこと中殿筋を使わず、大殿筋を使って来たんだと思います。
日課その3 背筋 の記事にも書いた通り、大殿筋を固くして
使うという癖により、大殿筋からつながる点線の部分
「腸脛靭帯」も一緒に固くなり、こうなると脚が外に広がって
軸がまとまらないという状態になります。

大分中殿筋を使う感じは掴めてきたのですが、筋癒着していると
癒着部位がどうにも邪魔して意識を送っても上手く動いて
くれないということが身にしみてよく分かったので

ええい 冷やして癒着部位はがしちまえ!

と、なったわけです。

中殿筋あたりに軸がまとまる感じは電車に乗った帰りに
既にありました。冷却し終わると一気に血流が集まるので、
働き方がそれだけで変わってくるというメリットがあると
AXIS-Laboの瀧本さんが教えてくださいました。

次はもっと跳ぶぞっ!

脂肪冷却して、もっと動ける体を手に入れたい!という方は
神楽坂 動き工房AXIS-Laboさん または
info@bouncyheat.com こはら まで。
 

  • -
  • 09:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment